ピアス・ボディーピアスなら静岡中央クリニック

※耳軟骨はボディピアスになります。
※近年、自分で耳ピアスの穴あけを行い、皮膚炎や感染症になる方が多くなっております。
静岡中央クリニックではファーストピアスとしてアレルギーを起こしやすい方のための耳ピアスもご用意をしております。
金属アレルギーは、身につける金属製品でアレルギー症状を引き起こします。
原因としてはその金属が体液や汗などで溶けだしイオン化して身体の中に 入り込み、次に同じ金属が触れた場合に拒否反応を起こして 皮膚のかぶれ等の接触皮膚炎です。
ピアスは皮下組織と直接接触するため金属アレルギーを起こしやすいのです。

金属アレルギー症状には、いくつかありますが、多く見られるのは、接触性皮膚炎です。
金属アレルギー症状の中でも、一番認識しやすいもので、金属に接触した皮膚に発赤やかゆみ、水疱などの炎症を生じます。

現在、金属アレルギーにお悩みの方にはもちろん今は金属アレルギーでない方にも、金属アレルギーに悩まされる心配が全くないわけではありません。市販のピアスを購入する際は、そのピアスがどんな素材なのか確認した上での使用をおすすめします。
※注意点
14G〜16Gの金属製のピアスをご持参下さい。
耳軟骨部分がボディピアスとなります。
ピアスは写真にあるような飾りの無いシンプルなピアスを必ず持参して下さい。

軟骨ピアス詳細情報
・サイズ 14〜16G
・長さ   8mm

トラガスピアス詳細情報
・ラブレットタイプ
・サイズ 14〜16G
・長さ   8mm
・前キャッチ
写真以外の部位におけるボディピアスについて

ヘソピアス詳細情報
・サイズ 14〜16G
・ヘソ用バナナバーベル

舌ピアス詳細情報
・サイズ 14〜16G
・長さ  15〜20mmのストレートタイプ
金属アレルギーは、身につける金属製品でアレルギー症状を引き起こします。
原因としてはその金属が体液や汗などで溶けだしイオン化して身体の中に 入り込み、次に同じ金属が触れた場合に拒否反応を起こして 皮膚のかぶれ等の接触皮膚炎です。
ピアスは皮下組織と直接接触するため金属アレルギーを起こしやすいのです。

金属アレルギー症状には、いくつかありますが、多く見られるのは、接触性皮膚炎です。
金属アレルギー症状の中でも、一番認識しやすいもので、金属に接触した皮膚に発赤やかゆみ、水疱などの炎症を生じます。

現在、金属アレルギーにお悩みの方にはもちろん今は金属アレルギーでない方にも、金属アレルギーに悩まされる心配が全くないわけではありません。市販のピアスを購入する際は、そのピアスがどんな素材なのか確認した上での使用をおすすめします。