静岡県でシミ・ほくろ・アザ・そばかす治療

シミ・ホクロ・アザ  シミ、ニキビを取って、肌をいきいきと
しみ(シミ)とは
しみ(シミ)とは、皮膚の色素の局所的な増量のことです。その原因は、しみの種類によってさまざまです。
また、しみの種類により取り方・治療法が大きく違いますので、しみの診断を正しく行うことが何よりも大切です。
顔のしみは、老人性色素斑(日光黒子)、肝斑(かんぱん)、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、そばかす(雀卵斑)、炎症性色素沈着に分類されます。
顔のしみ(シミ)の分類
1. 老人性色素斑(日光黒子)
世間一般的に最も「しみ」と認識されている「しみ」のことです。
長年の紫外線への曝露が原因で発生します。顔の側面にできる場合が多く、色は茶色っぽいことが特徴です。
年数が経過して隆起してくる場合があり、隆起した病変は脂漏性角化症とも呼ばれます。
レーザーによる治療効果が大きく、レーザー照射によりほぼ完全に消失するしみです。また、フォトフェイシャル療法でも 治療は可能です。

2. 肝斑(かんぱん)
女性に圧倒的に多く、頬や額に左右対称性できるしみで、周囲皮膚と境界がはっきりせず、広がりがあるのが特徴です。

3.そばかす(雀卵斑)
学童期頃に発症する1〜5mm大の顔の色素斑で、目・鼻・頬周囲に左右対称性に分布する場合が多いのがこのしみの特徴です。

しみ(シミ)のレーザー治療の流れ
専門医院長によるしみの状態の診察
最適な治療法をご提案
手続き終了後麻酔をします
(シミの状態・大きさ等により、貼る麻酔や塗る麻酔等もあります。)
*局所麻酔も可能です。
しみにレーザー照射します。
(治療前消毒等含め10分程度で終了)
しみの治療部位に肌色の小さなテープを貼ります(*)
治療が終了します。
2,3日でレーザーの治療部位に薄いかさぶたができます。
かさぶたは10日前後で通常はがれ、その下に赤みがある皮膚が現れます。
しみ(しみ)レーザー治療 費用・料金
シミ(しみ)レーザー治療
1mm 2,500円(税抜)
範囲等により局所麻酔等麻酔代が別途かかる
場合がございます。
最大 10,000円程度
YAGレーザーによるシミ治療の症例写真

・シミ・そばかすに対しての反応
異常な色素だけに反応(落としたいシミのみに反応)
症状に応じて、出力を設定し、メラニン色素の細胞のみ反応させて治療しますので周囲の組織を傷つける心配はありません。

施術時間 10〜15分程度
痛み 輪ゴムで弾かれた程度
メイク 2.3日後から可能(個人差があります)
注意事項 ・治療後、日焼け止めを使用してください。
・お肌を紫外線から保護してください。

施術後1週間から10日間ぐらいで薄い膜のはったかさぶたができます。
レーザーで分解した色レー素を、肌の新陳代謝によりきれいにしていきます。

フォトフェイシャル(フォトシルク治療)光治療でシミ治療
 
脂肪吸引法
ハイドロキノン(ヒドロキノン)の効能
美白、美肌効果
シミやそばかす、にきびの予防
トラブル肌の状態を改善
肌のターンオーバーを促進
毛穴の引き締め
肌の弾力性と水分保持機能の向上
ヤケドや炎症などで残ってしまったシミの改善
ハイドロキノン(ヒドロキノン)とはビタミンAの誘導体です。
もともと体内に存在する成分なので安全性が高く、トラブルが少ないのが特徴です。

メラニン色素の生成を抑えて、角質剥離を促し、肌を透明感のあるみずみずしい状態へと改善します。

治療方法
ハイドロキノン(ヒドロキノン)の配合されたクリームを毎日塗布します。

サンスクリーン(日焼け止めクリーム)も合わせてご使用頂き、紫外線に注意してケアして下さい。
メラニン色素を抑える効果が高い為、紫外線への抵抗力も弱まります。

患者様によって濃度の調整などが重要になりますので、当クリニックでは医師の管理の元、個人個人にあわせたクリームを処方致します。
 

大きな地図で見る
脂肪吸引法
 
1.電気分解による治療方法
 
治療方法
  • 盛り上がっているようないぼ状のホクロ、又はイボの場合は、局所麻酔を行い、複数の ホクロを同時に治療する事が可能です。
  • ホクロには、芯がありますので、盛り上がったホクロの場合芯が深い場合が多くなります。 この場合は、1回で除去しようとすると傷跡が目立つことが予測されます。 なるべく目立たない状態にするには無理せず数回に分けて治療を行う場合もございます。
 
ホクロ イボ
 
 
2.切開法
 
治療方法
  • 切開法の場合は、ほくろは1回で除去できますが、白い線状の傷跡が残ります。
    数回に分けて除去する方がきれいになる場合もございます。
 
特別技術指導医 院長紹介
特別技術指導医 門司 明夫 医学博士
  プロフィール
  • 医学博士号(形成外科学)
  • 日本美容外科学会専門医認定(第231号)
  • 日本美容外科学会認定医(第1003号)
  • 日本美容外科学会正会員
  • 日本美容外科医師会正会員
  • 日本形成外科学会正会員
  • 日本麻酔科学会認定医
  • 日本麻酔科学会正会員
  • 麻酔科標榜医
  • 中央クリニックグループ特別技術指導医
  • 日本アンチエイジング医療協会正会員
1996年 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
1996年〜 聖マリアンナ医科大学病院形成外科入局後、皮膚科、
麻酔科、内科、外科、小児科、救命救急センター研修
1998年〜 新大阪中央クリニック院長
2001年〜 静岡中央クリニック院長
  東京警察病院研修
■数々の賞状並びに感謝状
美容外科認定医認定証 美容外科専門医認定証
美容外科認定医認定証
美容外科専門医認定証

院長 門司 明夫
医学博士

各種医療クレジット・カード・ローンもご利用できます
全国の中央クリニックグループ
中央クリニックは安心の全国ネット。全国に21院を有する日本美容外科学会の認定専門院です。