静岡でわきが・豊胸・二重・脱毛・他院傷痕修正・TATTOO治療なら

脂肪吸引法
日本人には、こめかみがくぼんだ輪郭が多く、加齢と共にくぼんでしまう事で頬骨が強調され、よりこめかみのくぼみの印象を与えてしまいます。こめかみのくぼみにより老けた、きつい印象となり、こめかみをふっくらさせる事により若々しく優しい印象に変える事が出来ます。  
こめかみのくぼみ具合に合わせ、柔かいシリコン素材のプロテーゼを一人一人に合わせオーダーメイドで製作したものを使用します。髪部の生え際(頭髪内)を切開し、プロテーゼを骨膜下へ挿入し、全体の輪郭やフェイスラインを美しく自然に仕上がる様、調整します。傷跡は髪の毛の中に隠れるため、ほとんど目立ちません。
脂肪吸引法
骨格が原因の場合
下顎角形成術=エラ骨削り・骨切り
骨格が原因の場合、脂肪吸引やボトックス注射では根本から改善する事は出来ません。現在の状態や希望のイメージに合わせて、骨を削ったり、切るなどして、理想のフェイスラインに近付けます。
エラ形成術では、顎の先端からエラに至るまでのフェイスライン全体を総合的に考える事により、美しい輪郭を形成出来ます。
施術は、状態により口の中もしくは外側からアプローチし、エラ骨の出っ張った部分、つまり余分な部分を削ったり、切り取る事で修正していきます。
口の中からのアプローチの場合、顔の表面に傷痕は一切残りません。外側からアプローチした場合でも傷痕は目立たなくなります。手術は全身麻酔で行いますが、入院は不要。通院は、治療日の他、消毒・抜糸にご来院頂きます。〈都合により相談)
筋肉が原因の場合・咬筋の過剰発達の場合
ボトックス注射・咬筋切除
エラ張り・顔が大きく見える等の原因が、咬筋の発達により、筋肉の厚みのある方が行う手術です。咬筋とは、エラ付近にある筋肉になります。咬筋の過剰発達が原因の場合、奥歯をグッと噛み締めるとエラが硬く出るという特徴があります。
筋肉を萎縮させるボトックスをエラ周辺に注入し、筋肉を萎縮させる事で、徐々にスッキリとしたラインにする事が出来ます。この方法はアレルギーや副作用の心配が無く、腫脹や痛みもほとんどありませんので日常生活に影響が無く安心して注入する事が出来ます。
ただし、効果は永久的なものではなく、徐々に効果が切れてくるので注入する事をお勧めします。
また、永久的な改善を求める方は、咬筋を切除する方法もあります。
脂肪が原因の場合
脂肪吸引・脂肪溶解注射(メソセラピーなど)
脂肪が付いている方は脂肪吸引によって改善します。患者様の希望や生活背景によっては、メソセラピーなどの脂肪溶解注射で改善する事も出来ます。
耳の後ろや顎の下などの目立たない部分を数ミリ切開し、カニューレを挿入して脂肪を吸引します。
顔の脂肪吸引は深層部を中心に吸引を行います。
局所麻酔で行う事が出来ます。
脂肪吸引法
骨格が原因の場合
下顎の長さが気になる・顎が長くしゃくれている方は骨の状態によって
下顎骨を削る・切り取るなどして理想のフェイスラインに近付けます。
歯茎の下を切開しますので傷痕の心配はありません。
手術は全身麻酔で行いますが入院は不要です。
顎の形成・プロテーゼ
顎が小さい、顎より口元が出ている、二重顎が目立つ方など顎に高さを出す事で輪郭を整える事が出来ます。
顎の状態に合わせて人口軟骨(プロテーゼ)を挿入し、顎先に高さを出す事で立体感のある理想のフェイスラインに近付けます。
歯茎の下を切開しますので傷痕の心配はありません。
局所麻酔で行う事が出来ます。
二重顎が気になる方は脂肪吸引を行う事が出来ます。
ヒアルロン酸・サブQ・アクアミド・ハイドロキシアペタイトジェル注入法
患者様の希望により選択して頂いた注入物を顎先に注入する事で高さを出し立体感のあるフェイスラインに近付けます。
この方法はアレルギーや副作用の心配が無く、腫脹や痛みもほとんどありませんので日常生活に影響が無く、安心して注入する事が出来ます。
脂肪吸引法
鼻を高くといっても理想の形は人それぞれなので、手術の前にじっくりとカウンセリングを行い、一人ひとりの鼻の形や顔のバランスに合わせて上がり具合をシミュレーションします。その方に一番あったラインを経験と実績ある院長が責任を持って治療を行います。
脂肪吸引法
唇縮小術
唇縮小術は、唇の内側の粘膜部分をくさび形に切除して縫合します。縫合は口の中だけなので、傷が目立つことはありません。また溶ける糸での縫合ですから抜糸の必要はありません。

唇増大術
ヒアルロン酸・SUB-Q注入法
ヒアルロン酸注入で唇を厚くする(ふっくらさせる)プチ整形です。傷や腫れの心配がありません。通常のヒアルロン酸は半年〜1年で吸収されて元に戻ります。SUB-Q(サブキュー、レステレンSUB-Q)は通常より粒子の大きなヒアルロン酸で、成分は全く同じでが吸収されにくく、通常のヒアルロン酸の約2倍の期間、効果が持続します。

脂肪注入法
自分の脂肪を注入して唇を厚くする(ふっくらさせる)治療です。脂肪はオヘソの窪みからお腹の脂肪を少量吸引します。注入した脂肪はヒアルロン酸と違い半分程度定着します。

連続V−Y法
本格的に手術するなら、唇の内側の粘膜部分をV字型に切開してY字型に縫合する方法で行います。縫合は口の中だけなので、傷が目立つことはありません。また溶ける糸での縫合ですから抜糸の必要はありません。
脂肪吸引法
頬骨が出ていると顔全体の横幅が広く見え、大きな顔に見える傾向があります。頬骨を削ることによって、バランスの整った優しい印象の小顔に改善する事が出来ます。
頬骨は構造上、弓のようにアーチ構造になっています。頬骨の張り出しは前方と側方への2方向があり、手術は頬骨の張り出し方によって異なります。施術そのものは、口の中からと髪の中(こめかみ部分)を切開して頬骨へアプローチします。尚、傷痕は髪の中に隠れるので目立ちません。

前方に張り出している頬骨(頬骨体部の盛り上がり)
目の下の骨が前に突き出ている・頬骨が高い施術について

頬の高さは顔全体の印象に大きな影響があります。頬骨の高さの改善には、骨を削って高さを調節し、頬骨体部の張りを改善する為に、骨削りをします。 口の中から骨削り専用の器械で削ります。口の 中からの手術なので傷痕の心配がありません。

横方向へ張り出している頬骨(頬骨弓の出っ張り)
頬骨が横に広がっている施術について

以前は「頬骨弓」という骨の厚みは5mmしかない為、一般的な施術ではほとんど効果の無い施術でした。
しかし昨今、数箇所の骨切りを行うことで内方転位させる方法により、片側1cm位の幅を細くすることが可能になりました。
髪の中からの手術なので傷痕は目立ちません。通常手術は全身麻酔で行いますが入院は不要です。
脂肪が原因の場合
脂肪吸引法
骨格の張り出しではなく、頬骨の部分に脂肪が付いている方や、骨削りをせずほんの少し改善出来たら良い方などに向けた手術です。局所麻酔で行う事が出来ます。
ヒアルロン酸・サブQ・コラーゲン・脂肪注入法
頬やコメカミが痩けてしまい、貧相に見えたり老けて見えたり不健康に見えたりと悩んでいる方は注入法で改善します。
顔の気になる部分に細い針で注入するので傷などは残りません。
ふっくらとした若々しいイメージになることから、一般的には 40代以上の方に人気のある施術です。
いつでも簡単に追加注入を行う事が出来ます。
脂肪吸引法
エラが張っている原因には、骨そのものが突き出ている場合と、筋肉が必要以上に発達している場合があります。グッと奥歯を噛み締めたときに耳の下にふくらみが出るなら、奥歯を噛み締める咬筋が発達し過ぎてエラが張っている証拠。このタイプの“エラ張り顔”を改善するのに最適なのが、『エラボトックス注射(プチ小顔術)』です。
施術は、筋肉の動きを和らげるボトックスを、エラ張りの原因となる咬筋に直接注入するというもの。注射1本打つだけなので、約10分で終了します。
術後、約3週間〜4週間後くらいから、ダイエットに成功したように徐々にシャープになり、やがてほっそりとしたフェイスラインに。効果は半年〜1年程(個人差あり)で、繰り返し注射することで持続時間が長くなり、筋肉そのものも縮小していきます。
脂肪吸引法
プロテーゼと呼ばれる人工軟骨を使用し、アゴを少し前に出すことによって美しいフェイスラインを実現する施術です。
ほんの少しアゴの高さを出してあげることで、スッキリとしたお顔の印象を手に入れることができ、小顔効果も得られます。
脂肪吸引法
プロテーゼが高すぎる、形が気に入らない、変形をきたした、上向きの鼻になってしまった、赤く腫れて感染が疑われる、皮膚が薄くなってきたなどのトラブルで除去したい場合、鼻腔内から除去、洗浄し、綺麗な状態にもどします
脂肪吸引法
立ち耳とは、耳が正面を向いていて、頭から離れた(立った)耳のことです。医学的には、側頭部と耳介の角度が30度以上である場合を指します。
立ち耳は、「対耳輪」という軟骨の発達が悪く、軟骨の折れ曲がりがなかったり、少ないために、耳を寝かしつける力が弱く、前を向いてしまっている状態です。対耳輪の折れ曲がりを作ることで立ち耳を修正することができます。
 
院長 門司 明夫
医学博士

各種医療クレジット・カード・ローンもご利用できます
全国の中央クリニックグループ
中央クリニックは安心の全国ネット。全国に21院を有する日本美容外科学会の認定専門院です。