切開法(しみ・ほくろ)|【公式】静岡中央クリニック-医療レーザー脱毛から外科手術まで幅広く対応-

切開法(しみ・ほくろ)

ここが
ポイント
  • ほくろを取って印象を変えられる
  • 気になっている大きなほくろを取り除ける
  • ほくろの再発の可能性が低い

ほくろとは

ほくろとは、紫外線から体を守るメラニン色素を作る「色素細胞」が増殖したもので、直径15ミリ以下の小規模な母斑細胞を総称したものをいいます。

盛り上がったもの・なめらかなもの・ザラザラしているもの等様々な種類のものがあります。
多くの人の場合、小児期から思春期にかけて増えてきます。
女性の場合、ホルモンの分泌により出来る場合もあります。
尚、一度出来たほくろは自然に消えることはありません。

切開法の治療方法

脱脂の治療方法

局部麻酔後にメスを使用してほくろを除去する治療方法です。
紡錘形にほくろの周りの皮膚を切り取り縫い合わせます。
初めに局所麻酔を行う為、痛みは殆どありません。

切開法の特徴

切開方は大きなほくろや皮膚の深い所に位置するほくろ治療に適しています。
ほくろの面積より少し余裕をもって取り除くため、再発率が他の除去治療に比べて低くなります。
希望により治療後、病理組織検査をうけることも出来ます。
傷跡が線のようになり目立ちにくいのも特徴です。

当院が切開法おすすめする理由

  • ホクロ・しみ・いぼをなくせます。
  • 消したい部位(ほくろ・しみ・イボ)を自分で選択出来ます。
  • 大きい範囲でも比較的一度で除去が可能です。(部位・大きさにもよる)

治療の流れ

院長による問診

カウンセラーによる注意事項説明、料金のご案内

デザイン

麻酔

治療(おおよそ1時間)

クーリング(おおよそ30分)後ご帰宅

2日から3日後消毒

7日後抜糸

アフターフォロー

治療当日

患部の状態:
出血・腫れ・内出血が出る可能性 があります。
切開部に黒い糸がつきます。テープで保護します。

処方箋:
処置部位に茶色のテープを貼り、保護します。
1週間おきに2ヶ月から3ヶ月程度交換して頂きます。

清潔:
患部は1週間は直接濡らさないようにしてください。
お化粧は当日から可能です。
不潔にしないで下さい。

日常生活:
シャワー浴が可能です。患部は濡らさないようにしてください。
患部を直射日光にあてないよう注意し、日焼け止めを常用してください。
飲酒・長時間の入浴・激しい運動等は出血や腫れの原因となりますので控えてください。

注意:
痛みや熱感が強い場合は、患部を濡らさないように冷やしてください。患部を強く擦ったり引っ張らないようにしてください。腫れのピークは治療後1週間程度となり、徐々に引いていきます。

治療後2日から3日目
【消毒】
ご来院

患部の状態:
消毒後、再度保護をします。
強くこすったり、引っ張ったり、不潔にしないようにしてください。

治療後1週間目
【抜糸】
ご来院

患部の状態:
内出血や腫れが落ち着いてきます。

治療2週間後

患部の状態:
しばらく赤みと若干の凹みがみられ、おおよそ3ヶ月から6ヶ月で徐々に色や凹みが落ち着いてきます。

ご注意

部位・傷の大きさ・緊張のかかり具合等により傷跡が広がったり、陥没・色素沈着・知覚鈍麻等が認められたり、傷の治りが長引く場合があります。

部位・大きさ等によっては、一度で切除できずに何回かに分けて切除することもあります。
状態により、完全に切除できない場合もあります。

切開法のよくある質問

Q:治療中、痛みはありますか?
A:最初に患部に局所麻酔をしますので、治療中の痛みは殆どありません。麻酔は細い注射針を使用しますので、少しちくっとする程度です。
Q:メイクはすぐに出来ますか?
A:治療した部位に肌色のテープを貼り、その上からメイクが出来ます。
Q:治療後に注意することはありますか?
A:治療した部分を紫外線から守るため、3ヶ月間程は紫外線対策を行って下さい。

切開法(しみ・ほくろ)の治療料金

切開法(しみ・ほくろ) 1mm²(大きさ・回数により割引有)
麻酔代込み
¥10,000
その他のしみ・ほくろの治療へ

静岡中央クリニック

0120-088-741

診察時間 9:30~18:00(完全予約制)電話受付 9:30~19:00

静岡県静岡市葵区御幸町6-11一瀬ビル6Fアクセスマップ

  • 静岡駅徒歩2分の「静岡中央クリニック」

    カウンセリングからアフターフォローまでを
    院長が担当するクリニックです。

    医療レーザー脱毛から外科手術まで幅広く対応
    患者様のメンタル面へのケアも心がけております。

  • クレジットカード