処女膜再生|【公式】静岡中央クリニック-医療レーザー脱毛から外科手術まで幅広く対応-

処女膜再生

ここが
ポイント
  • 処女膜を再生させられる

処女膜とは

処女膜とは、膣の入り口にある非常に薄い粘膜のひだのことです。「膣内は処女膜で完全に塞がれている」というイメージを持たれている方も多いと思いますが、処女膜は完全に塞がっているのではなく、中央部に小さな穴が空いています。
その形は人によりさまざまで、薄くてやわらかい・厚くてかたい・一部分にしかない・完全にふさがっている等人それぞれです。

“処女”という言葉は常に何らかの価値を持っており、 処女膜再生手術を受けることによって男女関係はもちろん、生活全般に積極性が出てきたという女性も多くいます。

処女膜再生の治療方法

処女膜とは

膣の粘膜を少しつまんで縫い合わせます。性行為によって切れてしまった処女膜を糸で縫い合わせることで、治療後初めての性行為では出血や痛みを伴い、自覚的にも“初体験”に似た感覚を持つことになります。

当院が処女膜再生をおすすめする理由

  • 処女膜を再生することが出来ます。

治療の流れ

院長による問診

カウンセラーによる注意事項説明、料金のご案内

麻酔

治療(おおよそ1時間)

クーリング(おおよそ30分)後ご帰宅
※吸収糸で縫合するので、抜糸はありません。
※治療後の治り具合によっては、来院していただくこともあります。

アフターフォロー

治療当日

患部の状態:
2日から3日は出血しやすいので、頻繁にナプキンを取り替えて清潔にしてください。
大量に出血した場合はご連絡ください。

処方箋:
抗生剤・痛み止め・止血剤
痛みは、痛み止めでコントロールできる程度です。

清潔:
治療後4日目よりシャワーのみ可能、2週間後より入浴が可能です。

日常生活:
手術1週間は飲酒・スポーツは禁止、性行為は2週間禁止です。

注意事項:
縫合部は色素沈着するので、まわりより少し色が濃くなります。
治療後初回性交時に出血するかどうかは、個人差がありますので出血しない人もいます。

治療後3日目

患部の状態:
腫れは徐々に落ち着いてきます。

ご注意

この手術は残存している処女膜を縫い合わせて、元の形に近づける治療です。
完全に元の形に戻るわけではありません。

処女膜再生のよくある質問

Q:手術時間はどれくらいですか?
A:1時間程度です。
Q:腫れ・痛みはありますか?
A:手術の腫れ・痛みは2日から3日がピークで1週間ほどで落ち着きます。個人差で1ヶ月から2ヶ月感覚の鈍さが出る方もいますが、必ず自然に戻ってきます。
Q:入院・通院は必要ですか?
A:入院の必要はありません。日帰りでお受けいただけます。縫合には溶ける糸を使用しますので、抜糸等の通院もありません。

処女膜再生の治療料金

処女膜再生 麻酔代込み ¥100,000
その他の婦人科の治療へ

静岡中央クリニック

0120-088-741

診察時間 9:30~18:00(完全予約制)電話受付 9:30~19:00

静岡県静岡市葵区御幸町6-11一瀬ビル6Fアクセスマップ

  • 静岡駅徒歩2分の「静岡中央クリニック」

    カウンセリングからアフターフォローまでを
    院長が担当するクリニックです。

    医療レーザー脱毛から外科手術まで幅広く対応
    患者様のメンタル面へのケアも心がけております。

  • クレジットカード