乳房拳上(縮小)|【公式】静岡中央クリニック-医療レーザー脱毛から外科手術まで幅広く対応-

乳房拳上(縮小)

ここが
ポイント
  • 垂れたバストをもとにもどせる
  • ハリのある若々しいバストになれる
  • 憧れの上向きのスッキリとしたバストになれる

乳房拳上(縮小)について

ピンと張った若々しい乳房は年齢とともに垂れてしまいます。

乳房の張りを維持する役割を果たすクーパー靭帯という組織が乳腺のなかにあります。 このクーパー靭帯は加齢により伸びて弱くなり、乳房の重さを支えきれなくなっていきます。これに加えて、比較的固い構造である乳腺も、脂肪のように柔らかくなり、さらに皮膚も徐々に伸びるので乳房の下垂は起きてしまいます。

もともとの乳房のサイズが大きかったり、妊娠・出産を経験されると、下垂の程度もより大きくなります。 乳房挙上術は、この下垂した乳房を若々しい張りのある乳房に戻す治療法です。

乳房縮小も行うことが可能です。

乳房拳上では、大きすぎる乳房のバランスを整える乳房縮小も可能です。乳房肥大の原因は、遺伝によるものや産まれつきによるものですが大きすぎて悩む方も多く、肩凝り・乳房下縁部の慢性皮膚炎の原因になる場合があります。

乳房の大きさがある場合は、授乳や加齢により下垂してしまう「乳房下垂」になる可能性が非常に高く、乳房を小さくする治療と同時に乳頭・乳輪の位置を若い頃の様なバランス良い高さに整える事が出来ます。大きさや下垂の度合いも様々であり、症状に合った治療法により改善する事が可能です。

乳房挙上の治療方法

乳房縮小(リダクション)とは

【乳房吊り上げ術】
乳輪の円周部の余分な皮膚をドーナツ型に切除し、バストの上方で縫合し、下垂したバストの形と乳輪乳頭の位置を整える方法です。バストの大きさを変えることなく全体に張りを持たせて、バストアップできる方法です。
【乳輪吊り上げ術】
乳輪の上部を三日月型に切開し、上方へ移動させる方法です。こちらもバストの大きさは変えず乳輪乳頭の位置のみを修正します。

当院が乳房拳上(縮小)をおすすめする理由

  • 加齢や授乳によって垂れ下がってしまったバストを復元出来ます。
  • バストが大きくて悩んでいる方は同時に小さくすることも出来ます。

治療の流れ

院長による問診

カウンセラーによる注意事項説明、料金のご案内

デザイン

麻酔

治療(おおよそ4時間半から5時間)※大きさにより変動あり

クーリング(おおよそ30分)後ご帰宅

3日から4日後消毒

7日後抜糸

アフターフォロー

治療当日

患部の状態:
ガーゼ・包帯で圧迫固定します。ご自身で外したり、緩めたりしないでください。
治療後患部周辺に、内出血が出ることがありますが、徐々に落ち着いてきます
傷の赤みも徐々に落ち着いてきますが傷が完全に消えてしまうわけではありません。
治療後の内出血や腫れは、おおよそ2週間程度で治まります。
必要に応じて、胸の部分に溜まっていらなくなった血液や麻酔液を出すために、ドレーンを留置する場合があります。

処方箋:
痛み止め ・抗生剤 ・止血剤
痛みは、痛み止めでコントロールしてください。
傷の保護・赤み・盛り上がりを予防するため、茶色のテープを2ヶ月から3ヶ月程度交換して頂きます。

日常生活:
包帯を濡らさないようにして頂ければ下半身のシャワー浴が可能です。 胸の包帯が外れないように気をつけてください。
飲酒・喫煙・入浴・運動等は出血や縫合不全等の原因になりますので、控えてください。

【ドレーンが必要な方】
ドレーンは強く引っ張ったりしないように気を付けてください。
ドレーン抜去:必要な方はその際に説明させて頂きます。

治療後3日から4日目
【消毒】
ご来院

患部の状態:
消毒後再び包帯を巻きます。

清潔:
胸は包帯圧迫されていますので、下半身のみシャワー浴が可能です。

治療後7日目
【抜糸・ドレーン除去】
ご来院

患部の状況:
腫れ・内出血が徐々に引いていきます。
当日より入浴が可能となります。(脇と胸は強く洗わないようにしてください)

注意点:
腫れや痛みは徐々に落ち着いてきます。

治療後1ヶ月目
【検診】
ご希望であれば

患部の状況:
ほぼ腫れも落ち着いている状態です。
患部の違和感・つっぱり感が出たり、腕が上げにくいことがありますが通常徐々に落ち着きます。

副作用

極稀に治療部位の血液貯留(血腫)、感染が起こる場合があります。
治療部位の熱感・痛み・赤み・腫れ・発熱等が続く場合は、必ずご連絡ください。

切開創が大きくなり、乳輪・乳頭の血流障害や皮膚の壊死が起こる場合があります。
乳輪・乳頭、皮膚の変色が見られる場合は、早めに当院の診察をお受けください。

※妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

ご注意

経過によって抜糸後も経過観察のために、ご来院が必要な場合があります。

一度で縮小出来る程度には限度があります。
また一度で切除できず、何回かに分けて切除することもあります。
元々の生理的な左右差がありますので、治療後左右全く同じ状態になるわけではありません。

抜糸後、なるべく2ヶ月から3ヶ月は患部を圧迫バンド等で固定してください。
また、傷の保護・赤み・盛り上がりを予防するため、茶色のテープを2ヶ月から3ヶ月程度交換して頂きます。

乳房拳上(縮小)のよくある質問

Q:乳房挙上治療後の日常生活に制限はありますか?
A:バストを濡らさなければ、治療当日よりシャワーは可能です。入浴は抜糸後からです。飲酒は1週間後から可能です。性行為等でバストを刺激できるのは治療後2週間からです。
Q:治療後も授乳は出来ますか?
A:治療後は授乳への影響は殆どありませんので、通常通り授乳出来ます。
Q: 治療後、バストの感覚が鈍くなることはありますか?
A:治療後に、バストの感覚が鈍くなるとことは殆どありません。

乳房拳上(縮小)の治療料金

乳房挙上(縮小) 状態により異なります。別途麻酔代 ¥800,000~
その他の胸の治療へ

静岡中央クリニック

0120-088-741

診察時間 9:30~18:00(完全予約制)電話受付 9:30~19:00

静岡県静岡市葵区御幸町6-11一瀬ビル6Fアクセスマップ

  • 静岡駅徒歩2分の「静岡中央クリニック」

    カウンセリングからアフターフォローまでを
    院長が担当するクリニックです。

    医療レーザー脱毛から外科手術まで幅広く対応
    患者様のメンタル面へのケアも心がけております。

  • クレジットカード